「MAKIRI」タダフサの間切り/マキリ 4.5寸[木鞘付き]

販売価格: 4,860円(税込)

在庫数 5点

商品詳細

「MAKIRI」 タダフサの間切り/マキリ 4.5寸[木鞘付き]

 

一枚の鋼で作られたナイフを使う。

 

新潟県三条市は昔から刃物で有名な産地

 

「Japanese outdoor knife」という新たなカテゴリー。

新潟県三条市の職人が鋼を叩き込んで作り上げ、日本の刀をアウトドアやフィッシングで使う。

自身でお手入れしながら経年による風合いを楽しむ。

 

最近ではアウトドアや釣りの愛好者にも“和式ナイフ/Japanese outdoor knife”として需要も高まってきています。

魚や肉を捌くのに非常に便利で人気。持ち運びにも便利な鞘付きです。

 

魚や肉を捌くのに非常に便利で人気。持ち運びにも便利な鞘付きです。

 

創業した1948年より製造を続けている、タダフサのルーツとも言える刃物。


元々は、主に遠洋漁業の漁師が漁場や水産加工場で、魚やイカをさばいたり

ときに網やロープ、餌などを切ったりするのに使用している小刀・小型庖丁「間切り/マキリ」



現在でも変わらず漁師の必需品である一方で、

最近ではアウトドアや釣りの愛好者にも“和式ナイフ/Japanese outdoor knife”として

需要も高まってきています。魚や肉を捌くのに非常に便利で人気。持ち運びにも便利な鞘付きです。



「忠房」刻印付き」




「画像には間切り本体のみですが、実際には柄と同じ木取りをした木鞘が付きます。

天然木で作られた柄は、Walnut oil(くるみ油)などの速乾性の高いオイルで仕上げ、経年による風合いをお楽しみください」

 

 湿度での木鞘の収縮により、刃の抜きやすさが影響を受ける場合があります。
 鞘から抜き取る際は、くれぐれもご注意ください。

◎使用後はきれいに洗って乾燥させて保管してください。手入れによっては錆びてしまう可能性もありますが、
研ぐことで、錆び取り&切れ味が蘇りますので、長くご愛用いただけます。

 

 

写真はソロキャンで使っている私物です。

まな板は、woodpecker:いちょうの木のまな板 (極小ソロ)

 

・刃付け 片刃(右利き用)

・刃渡 4.5寸(およそ135mm)[寸法全長235mm/鞘入時260mm]

・重量 およそ80g(鞘入時:120g)

 

 

レビュー

0件のレビュー